犬の病気 運動器系の病気 リウマチ性関節炎

リウマチ性関節炎

リウマチ性関節炎とは、「膠原病」とも呼ばれる関節炎の一種で、体内の免疫が正常に機能しなくなる事により起こります。主に手首の関節や中手指関節、また膝関節にも発症する事があります。
シー・ズーミニチュアダックスフンドシェトランド・シープドッグマルチーズプードルなどの小型犬がかかりやすい病気で、若い時に発症すると進行が速くなると言われています。

リウマチ性関節炎の原因

リウマチ性関節炎の原因は、自己の免疫の異常増殖から、誤って自分自身の関節を攻撃する事で発症します。一度発症すると、慢性的な疾患になりやすい病気でもあります。

リウマチ性関節炎の症状

リウマチ性関節炎の症状として、関節の痛みや腫れ、硬直、足をひきずる、座り方がおかしい、立ち上がるのに時間がかかるなどの症状が見られる他、発熱や食欲不振などの全身症状も現れます。
またリウマチ性関節炎の特徴としては左右対称に進行していき、悪化すると関節の変形が進み、激しい痛みでついには歩けなくなります。

リウマチ性関節炎の治療

リウマチ性関節炎を治療するには、体型が負担になっている場合は、足腰への負荷を軽くするため、適度な運動と正しい食事管理で減量します。痛みがひどい場合は、非ステロイド系の消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬を内服して、痛みと炎症を抑えます。その他、温浴、赤外線、超音波治療なども効果があります。

リウマチ性関節炎の予防

リウマチ性関節炎の予防方法は、早期発見・早期治療が最も大切です。
リウマチ性関節炎は進行性の病気なので、一度発症すれば完治するのは難しいでしょう。リウマチ性関節炎にかかりやすいとされる犬種を飼育しているのであれば、特に注意が必要です。

リウマチ性関節炎 Q&A

【代表的な質問】

雑種の犬(13歳位/♂)が、リウマチで腸を圧迫し約1年ずっと便秘でした。最近は全く出ないので散歩も行けない状態です。負担を和らげるような何か良い餌はないでしょうか?

 

その他のリウマチ性関節炎についてのQ&Aはコチラより→