犬の病気 回虫症

回虫症

回虫症とは、犬回虫という寄生虫が犬に寄生して起きる病気です。別名「トキソカラ症」とも呼ばれています。

回虫症の原因

回虫症の原因は、胎盤や母乳時の母子感染や、汚染された土壌からの感染、または感染した犬や、その便に接触する事などが考えられます。

感染源となる犬回虫の卵が犬の体内に入り込み、小腸に達したあと成虫になり寄生します。
それが原因となり、消化器に障害を及ぼします。特に子犬の場合は、腸閉塞などを引き起こす場合があります。

回虫症の症状

回虫症の症状としては、成犬で軽い下痢がみられる程度でほとんどが無症状です。
しかし子犬は、感染すると激しい下痢が見られる他、嘔吐、腹部の膨張、発育不良、体重減少、元気消失、貧血などの症状が現れます。

回虫症の治療

回虫症を治療する方法は、病気の進行などを考慮し、検査と平行しながら駆虫薬を断続的に投与していく事です。また下痢の症状も多く見られるので、その場合は下痢を和らげる薬も同時に投与します。

回虫症の予防

回虫症を予防するには、糞の処理を早めに適切に行う事を心がけ、犬がその臭いを嗅いだり接触しないように注意する事です。
また、母子感染を防ぐ為、母犬が感染しないよう、母犬の生活環境をまず汚染させないように心がけます。
子犬には、生後2週目より定期的に駆虫薬を投与します。

回虫症 Q&A

【代表的な質問】

犬の回虫症についてなんですが、人に感染したりはしないんですか?

 

その他の回虫症についてのQ&Aはコチラより→