犬の病気 消化器の病気 胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍とは、胃の粘膜が何らかの刺激でただれ、炎症が進行し悪化した状態を言います。

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因は、刺激物の飲食、精神的なストレス、ジステンバーなどの感染症、腫瘍などが考えられます。

胃潰瘍の症状

胃潰瘍の症状としては、食欲不振、空腹時に繰り返し胃液などを嘔吐する、出血、黒褐色の下痢、発熱などが見られます。

胃潰瘍の治療

胃潰瘍を治療するには、胃酸を抑制する効果のある内服薬の投与や、点滴などの処置を行います。また、潰瘍が出来ている部分を切除する外科的手術を行う場合もあります。

胃潰瘍の予防

胃潰瘍の予防で大切な事は、普段よりストレスをためない生活を送る事です。また嘔吐が続いたり、食欲不振が見られるなど胃炎などが疑わしい場合は、ただちに内服薬を投与するなど、早めの対処が重要です。

胃潰瘍 Q&A

【代表的な質問】

鶏の骨を食べたかもしれない異常について教えてください。

 

その他の胃潰瘍についてのQ&Aはコチラより→