犬の病気 消化器の病気 糞線虫症

糞線虫症(ふんせんちゅうしょう)

糞線虫症とは、寄生虫である「糞線虫」が小腸に寄生して起こる病気です。多頭飼いなど、犬が集まって生活している場所での感染が多く見られます。

糞線虫症の原因

糞線虫症の原因は、感染した犬の便と一緒に排泄された糞線虫の幼虫が、経口や皮膚から侵入する事により発症します。犬の体内に侵入した糞線虫は小腸で成長し、やがて消化器系などに障害を及ぼします。

糞線虫症の症状

糞線虫症の症状として、成犬では特に目立った症状は起きませんが、まれに下痢などが見られる事があります。しかし子犬が糞線虫症に感染すると、激しい下痢や、体重減少、発育不良などを引き起こします。

糞線虫症の治療

糞線虫症の治療で有効な方法は、駆虫薬「イベルメクチン」を継続的に投与する事です。検便と平行しながら、状態に合わせ投与を行います。

糞線虫症の予防

糞線虫症を予防するには、生活環境を清潔に保つ事が最も大切です。また、犬が多く集まる場所での便の処理を適切に行うようにします。定期的に検査を行う事も、糞線虫症の予防策となります。

糞線虫症 Q&A

【代表的な質問】

飼い犬マルチーズの検便をした所、糞線虫と診断されました。どう処置をしたらよいものかと悩んでいます。よいアドバイスお願いします。

 

その他の糞線虫症についてのQ&Aはコチラより→