犬の病気 視聴覚系の病気 結膜炎

結膜炎

結膜炎とは、まぶたの裏側に位置する「結膜」に炎症が起きる病気です。犬の目の病気としては最も多く見られます。

結膜炎の原因

結膜炎の原因は、細菌、ウイルス、寄生虫などからの感染やアレルギー、または目を擦ったりまつ毛が目に当たる事から起こる物理的刺激など、様々な要因で発症します。
また、ドライアイなど体質的な問題や、チェリーアイ、角膜炎、緑内障など、他の目の病気が原因となり発病する事もあります。

結膜炎の症状

結膜炎の症状は、結膜が赤く充血して腫れ、かゆみや痛みなどです。そのため前足で目をこすったり、顔を床に擦りつけたりします。また、目やにや涙が大量に出るなどの症状も見られます。

結膜炎の治療

結膜炎の治療方法としては、炎症を緩和させる為の点眼を行うのが有効でしょう。まつげが目に入るなど、物理的刺激が原因となっている場合は、まつげを抜きます。他の病気が原因となっている場合は、その症状に合わせた治療を行います。

結膜炎の予防

結膜炎の予防方法としては、原因別に対策を取る事が大切です。
結膜炎の原因となる物質が分かっている場合は、接触をさせないように環境整備をします。
また、直接目を擦らせないようにするには、エリザベスカラーの装着が効果的。さらに、ワクチン接種を定期的に受け、ウイルス感染などから犬を守ることも大切です。

結膜炎 Q&A

【代表的な質問】

我が家の犬が結膜炎になってしまい、獣医さんに点眼薬を処方していただいたのですが、なかなか犬のほうが薬をつけさせてくれません。 犬に点眼薬をつけるいい方法はありますか?
雑種の犬ですが、左目の白目のところが結膜炎のように充血しています。トロトロのめやにもできています。刺激の少ない人間用の目薬を犬に使っても大丈夫でしょうか?
飼っている犬が結膜炎になっていたので、抗生物質を与えてしまいましたが、その後その犬が妊娠している事を知りました。お腹の赤ちゃんに対する影響は大丈夫でしょうか?とても心配です。
犬の結膜炎って先天性ですか?

 

その他の結膜炎についてのQ&Aはコチラより→