犬の病気 生殖器の病気 前立腺肥大

前立腺肥大

前立腺肥大とは、ホルモンのバランスが崩れる事から起こる病気です。
高齢のオス犬に多く見られることから、加齢による老化現象が原因とされています。

前立腺肥大の原因

前立腺肥大の原因は、老化により精巣の機能が衰え、男性ホルモンのバランスの乱れる事から発症します。発情期のメスの臭いを嗅ぐ事から発病するケースもあるようです。
主に去勢をしていない5歳以上のオス犬に多く見られ、加齢に伴って発病しやすくなります。

前立腺肥大の症状

前立腺肥大の症状は、前立腺が肥大する事により直腸、尿道、膀胱などの周辺の臓器を圧迫し、尿が出にくくなる、血尿、下痢、便秘などが見られるようになります。
前立腺炎を伴っている場合には、激しい痛みを感じる事があります。膀胱炎を併発すると、頻尿などの症状も見られるようになります。また、会陰ヘルニアなどの病気を併発する恐れもあります。

前立腺肥大の治療

前立腺肥大の治療方法としては、肥大した前立腺の縮小に効果的な「去勢手術」が最も一般的です。
ホルモン剤投与など、内科的方法もありますが、再発する可能性も高いとされています。

前立腺肥大の予防

前立腺肥大を予防するには「去勢手術」が最も有効です。

前立腺肥大 Q&A

【代表的な質問】

オス6歳の小型犬ですが、1日排便がありません。しようとしても途中で止めてしまいます。その後、しばらくの間下半身を震わせています。前立腺肥大を疑っていますが・・・。

レントゲンと血液検査の結果、心臓肥大と前立腺肥大を診断されました。この病気は薬で治るのでしょうか?また普段の生活で気をつけてあげる事はなんでしょうか?
飼っているシェパードが、尿をすると止まらなくてタラタラと流したまま歩いてたりします。前立腺肥大と思っていますがそうなんでしょうか?

 

その他の前立腺肥大についてのQ&Aはコチラより→