犬の病気 生殖器の病気 乳腺腫瘍

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は、とても発症しやすい病気と考えられており、メス犬の腫瘍の半数が乳腺腫瘍だと考えられています。
避妊手術をしていないメスに多く見られる事から、性ホルモンとの関係、または成長ホルモンの影響が大きいとされており、また、先天性のある病気とも見られています。

乳腺腫瘍の原因

乳腺腫瘍の原因は、性ホルモンや成長ホルモンの影響、または先天性によるものと考えられていますが、明確な原因は今の所まだ分かっていません。

乳腺腫瘍の症状

乳腺腫瘍の症状は、人に発症する腫瘍と同じ様に乳房に「しこり」が確認できます。悪性腫瘍の確立はおよそ50%で、肺など内臓に転移する可能性が非常に高くなります。

乳腺腫瘍の治療

乳腺腫瘍の治療方法としては、腫瘍を取り除く外科手術が有効です。また、避妊手術を同時に行うと、再発防止に有効です。悪性の場合は、早めの手術が必要となります。

乳腺腫瘍の予防

乳腺腫瘍を予防するには、出産をさせる予定がなければ、発情期を迎える前に早めに避妊手術を行う事が大切です。それにより発生する確率を抑える事ができます。また、普段よりしこりが出来ていないか、定期的に触診を行うことが重要です。

乳腺腫瘍 Q&A

【代表的な質問】

犬のワキにシコリがあり、その上にカサブタがあります。取れそうなのですが、取っても大丈夫でしょうか?また、乳腺腫瘍の可能性はありますか?
犬の乳腺腫瘍、手術費用は大体どれだけかかるのでしょうか?
パピヨンのメスを飼っています。最近乳腺腫瘍が発覚しましたが、高齢な上にそこそこ肥満です。
手術の危険性はいかがなものでしょうか?
犬の乳腺腫瘍をセルフチェックがしたいのですが、どのからどこまでの部分に乳腺腫瘍が出来るのかわかりません。探す方法が分かる方がいらしたら、解答お願いします。

その他の乳腺腫瘍についてのQ&Aはコチラより→