犬の病気 感染症 ケンネルコフ

ケンネルコフ

ケンネルコフとは、別称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれ、咳や発熱などの人間の風邪に似た症状が長く続く、ウイルス性の呼吸器感染症です。

ケンネルコフの原因

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザや犬アデノウイルス2型、グラム陰性好気性菌などのウイルス感染が原因で発症します。、多頭飼い、ペットショップ、ブリーダーなど犬が集まる場所での、感染している犬との接触感染や飛沫感染などで広がり、特に抵抗力の弱い幼犬への感染が多く見られます。ワクチン接種済みでも、抵抗力の衰えなどによって感染する事があります。特に冬の空気が乾燥している時期は、感染しやすいので注意が必要です。

ケンネルコフの症状

短い空咳や発熱などが、ケンネルコフの主な症状。単独のウイルス感染による場合の症状は、比較的軽い場合が多く、約2週間前後で完治します。ところが、抵抗力が十分でない幼犬や老犬が混合感染した場合は、粘着性のある鼻水が出るなどの症状が見られ、肺炎などの二次感染を起こす場合もあります。

ケンネルコフの治療方法

ケンネルコフの治療には、咳などの症状を抑えるための鎮咳剤や気管支拡張剤、細菌感染に対しての抗生物質を投与など、内科的治療で対応します。また症状に応じ、蒸気吸入などの処置も有効です。

ケンネルコフの予防

幼犬の頃より、定期的なワクチン接種を行うことが、ケンネルコフの予防で最も重要になります。
ただし、ウイルスが活性化する寒い時期などは、抵抗力が不十分な幼犬や老犬は、ワクチンを接種していても感染する可能性もあります。
生活環境を清潔に保ち、日常的に犬の健康状態を把握するようにします。

ケンネルコフ Q&A

【代表的な質問】

多頭飼のうちの1匹が、ケンネルコフにかかった場合のアドバイスをお願いします。
犬がケンネルコフにかかってしまった場合、治ったらそれまで使用していたサークルや食器、寝具などは使わない方が良いですか?
ケンネルコフに感染し、抗生物質と消炎剤を飲んでいますが、口臭がとっても気になります。

 

その他のケンネルコフについてのQ&Aはコチラより→