犬の病気 循環器 心筋症

心筋症

犬の心筋症とは、心臓を構成している筋肉「心筋」が正常に機能しなくなり、血液の巡りが悪くなる心臓疾患です。
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
グレート・デーンドーベルマンボクサーなどの犬種の、高齢な犬に多く見られます。

心筋症の原因

「特発性心筋症」は、拡張型心筋症、拘束型心筋症、肥大型心筋症の3種類に分類され、これらはまだ原因が解明されていません。非炎症性の拡張型の特発性心筋症が、犬に最も発症する病気です。

二次的要素から引き起こされるのが「二次性心筋症」で、糖尿病、貧血、中毒などが原因となります。

心筋症の症状

犬の心筋症の症状は、初期の段階で無症状です。病気が進行してくると、腹水、咳、呼吸困難などが見られます。
さらに悪化すると、元気の消失、不静脈、失神などの症状が見られ、突然死するケースもあります。

心筋症の治療

犬の心筋症の治療方法は、利尿剤や強心剤などの投薬を行なったり、食事の塩分を減らすなどの食事療法を行い、継続的に内科治療を行っていきます。また、心臓への負担を軽減するため、激しい運動は避け安静にさせます。

心筋症の予防

犬の心筋症の最も有効な予防方法は、早期発見・早期治療です。常に心がけるようにしましょう。

心筋症 Q&A

【代表的な質問】

飼い犬が心筋症・肝不全・腎不全などいろいろ合併症を起こしてしまいました。こんなにいろいろ併発して直るのでしょうか?この先の治療費なども心配です。

 

その他の心筋症についてのQ&Aはコチラより→