犬の病気 泌尿器の病気 膀胱炎

膀胱炎

膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が膀胱内に侵入し炎症を起こす「尿路感染症」の事です。泌尿器系の病気の中でもっとも発症しやすい病気と言われおり、尿道が細いオスより、尿道が太くて短いメスに多く発症する傾向があります。

膀胱炎の原因

膀胱炎の原因は、尿道から侵入した大腸菌やブドウ球菌などの細菌が、膀胱内で細菌感染を起こす事で発症します。排尿の我慢や、精神的なストレス、膀胱結石などが原因となります。

膀胱炎の症状

膀胱炎の症状は、多飲、頻尿だが1回の量が少ない、排尿困難、尿の異臭、血尿、食欲不振などです。また膀胱炎は、一度かかると慢性化する場合が多く見られ、尿路結石など他の泌尿器系の病気を引き起こすケースもあります。

膀胱炎の治療

膀胱炎を治療するには、細菌に有効な抗生物質の内服を継続的に行う事が有効です。

膀胱炎の予防

膀胱炎の予防方法では、規則正しい散歩の時間や、水分補給などが重要になってきます。膀胱炎は早期発見が難しく、気づいた時には慢性化している事が多いので、日頃よりストレスのたまらない環境作りなどを心がけ、早期発見と早期治療に努めましょう。

膀胱炎 Q&A

【代表的な質問】

犬が膀胱炎になる原因は、何が考えられるでしょうか?
犬のトイレはどれくらい我慢できるのですか? 我慢のし過ぎで膀胱炎になったりしますか?
飼い犬が膀胱炎になり、治療薬を飲ませようとしているのですが、吐き出して飲んでくれません。
良い方法を教えて下さい。
飼い犬が、おしっこの時に、濃い赤茶色のどろっとしたようなものを出します。
犬が膀胱炎と診断された時に、処方される薬にはどんなものがありますか?

 

その他の膀胱炎についてのQ&Aはコチラより→