犬の病気 皮膚の病気 疥癬

疥癬

犬の疥癬とは、「疥癬ダニ」とも呼ばれる「ヒゼンダニ」が寄生し発症する病気です。犬のみならず、犬から人へと感染するケースもあります。

疥癬の原因

皮膚の中に入り込んだヒゼンダニが、繁殖を続ける事で発症します。主に、ヒゼンダニがすでに寄生している動物との接触により感染します。

疥癬の症状

疥癬が発症すると、顔、耳、手足などに発疹・発赤が現れ、激しいかゆみを伴います。その部分を犬が掻いたり舐めたりする事により患部が傷になり化膿したり、フケ、かさぶた、脱毛などが見られる場合もあります。

疥癬の治療

殺ダニ剤など駆虫剤を使用してヒゼンダニを駆除します。また、薬浴剤や薬用シャンプーなども併用して、犬を洗浄し身体を清潔に保ちます。
また、日頃より免疫力を高める事を目的とした体質改善を心がけましょう。

疥癬の予防

感染源となる動物との直接接触を避けるようにしましょう。また、日常的に生活環境を清潔に保てるように気を配る事も重要です。

また、散歩やドッグラン、ペットホテルなど犬が多く集まる場所、そのほか複数犬を飼っている場合など、特に気をつけるようにしましょう。

疥癬 Q&A

【代表的な質問】

犬の疥癬を、動物病院以外で治療する方法はありますか?例えば日光浴などで・・・。
飼い犬が、野生のタヌキとけんかをしました。その後、疥癬の症状が見られるのですが・・・。
トイプードルのメス(2ヶ月)です。疥癬予防薬を飲み始めた後から、尿の回数が増えました。投薬と関係しているのでしょうか?

 

その他の疥癬についてのQ&Aはコチラより→