犬の病気 皮膚の病気 脱毛症

脱毛症

犬も人間と同様に脱毛症にかかる事があります。季節の変わり目に、生理現象として被毛が生え変わる脱毛以外は、病的なもの、ストレス、または遺伝性のものと考えられます。

脱毛症の原因

脱毛症の原因には、アトピー性皮膚炎によるもの、やノミ・ダニなどの寄生虫によるもの、細菌によるもの、ホルモン異常による内分泌性皮膚炎、遺伝性のものなど、さまざまな原因があります。

脱毛症の症状

脱毛症の症状は、脱毛が局所的に現れるいわゆる「円形脱毛症」の場合、尻尾のつけ根や顔などに部分的に現れる場合、全身が脱毛を起こす場合とその原因により様々です。皮膚の激しいかゆみや赤みが現れる事もあります。ホルモンの異常で起こる場合は、左右対称性の脱毛、皮膚がうすくなる、皮膚が黒ずむ、フケが多くなる、毛づやが悪い、発疹などの症状が見られます。

脱毛症の治療

脱毛症の治療方法としては、まず原因要素となるものを明確にし、抗生物質、ステロイド剤、駆除薬などの内服投与、塗り薬の塗布、薬浴などそれぞれに合わせた対処療法を行います。

脱毛症の予防

脱毛症の予防には、アレルギー物質や寄生虫などとの接触を避けるなど、脱毛の直接的な原因要素から予防する事が大切です。また、食事の管理を正しく行ったり、生活環境を衛生的に保つなど、犬にストレスを与えない環境づくりに気を配りましょう。

脱毛症 Q&A

【代表的な質問】

犬も人間のように、ストレスから円形脱毛症になることがあるのでしょうか?
Mダックスのメス(2歳半)。10円玉大の脱毛症を治療していますが、なかなか治りません・・・。
犬の脱毛症に、イソジンを塗っても大丈夫でしょうか?
Mダックスの前足の両肩に円形脱毛症ができ、その中にかさぶたがありました。何かの病気でしょうか?

 

その他の脱毛症についてのQ&Aはコチラより→