犬の病気と健康犬の病気皮膚の病気>アトピー性皮膚炎
犬の病気 皮膚の病気 脱毛症

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、痒みを伴ったアレルギー性皮膚炎のこと。
特にイングリッシュ・コッカー・スパニエルウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアゴールデン・レトリーバー
ラブラドール・レトリーバーシェットランド・シープ・ドッグシーズーパグビーグルなどがかかりやすいとされ、中でもアトピー素因を持った、若年層の犬に多く発症します。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー素因のある犬が、空気中のアレルゲン(花粉やハウスダスト、カビの胞子など)を口や鼻、皮膚などから吸収し、それらに体内の免疫が過剰にはたらく「アレルギー反応」が原因で起こります。
遺伝によるものや、皮膚の機能が低下などから起こります。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の主な症状は、激しいかゆみや皮膚の赤みなど。それらが眼や口の周り、耳、脇の下、腹部、足などに発症します。
慢性化すると、皮膚が荒れて湿疹が見られるようになり、膿皮症や脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患をはじめ、外耳炎結膜炎などの合併症を引き起こす場合もあります。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療は、炎症やかゆみを抑えるための薬物を投与する内科的療法が必要となります。

アトピー性皮膚炎の予防

犬の生活環境を整えたり、適度なシャンプー、皮膚機能を保つための十分な保湿など、原因要素となるアレルゲンとの接触を避ける事が大切です。

アトピー性皮膚炎 Q&A

【代表的な質問】

犬のアトピー性皮膚炎って人に感染したりとかしないのでしょうか。
また皮膚トラブルのある犬に良いシャンプー、リンスありましたら教えて下さい。
アトピー性皮膚炎の犬でも食べられるおやつってありますか?

その他のアトピー性皮膚炎についてのQ&Aはコチラより→